2010年10月18日 ぷらっとホーム株式会社

ぷらっとホーム、自由な開発運用を実現する
企業向けの手のひらサイズサーバーを発売

Debian GNU/Linux採用モデル追加でより多彩なニーズに応えるラインナップへ

2010年10月18日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、手のひらサイズながら高いスループットと耐塵・耐熱性能で豊富な企業導入実績を誇るマイクロサーバシリーズとして、Debian GNU/Linuxを採用し自由なサーバー開発を可能とする「OpenBlockS 600D」を発表しました。本製品は本日10月18日より販売を開始し、11月下旬に出荷開始予定です。

製品の概要

OpenBlockS 600Dは、導入時および運用開始後のあらゆるコストやリソース消費を抑制しつつ安定したサービス運用を実現する、手のひらサイズのサーバーです。

OSとして、サーバー用途向けの汎用LinuxディストリビューションであるDebian GNU/Linuxを採用。広く使用されるメジャーディストリビューションであるため、様々なノウハウを容易に入手し適用することができます。また豊富なソフトウェアパッケージ資源も活用でき、自由度の高い開発運用を行うことができます。

ハードウェアは、手のひらに収まる小型サイズながらスリットレス・スピンドルレスで優れた耐塵性・耐熱性を獲得。サーバールームやラックなど特別な設備を必要とせず、デスク脇や床下から配電盤の中まで、あらゆる場所で活用できます。消費電力は8Wと極めて低く、各環境規格へも適合・準拠で、エコ効果も高い安心の導入運用を実現します。
本製品はCFなしモデルおよび各容量のCF搭載モデルをラインナップ。CFレスなら故障要因を更に排除した堅牢なシステム運用が期待でき、CF搭載モデルなら開発環境構築や大容量データ保存も可能です。また、通常であれば構築に手間のかかる開発環境を、推奨されるコンディションでプリインストール済のモデルも提供されます。

監視やDNS、DHCP、認証管理といった常時稼働サービスを独自環境で運用したい場合など、要件をくまなく満たしつつ安心・手間なしのシステム運用を実現できることで、OpenBlockS 600Dは非常に優れたコスト効果を発揮します。

OpenBlockS 600DとOpenBlockS 600との違い

ぷらっとホームのマイクロサーバシリーズでは、本製品に先駆けた2009年5月に、OpenBlockS 600Dと同じハードウェアを採用しながらよりスピーディな各種サービスを開始できる機能を備えたモデル、OpenBlockS 600が発売されています。

既存モデルのOpenBlockS 600は、最適化されたオープンソースの独自ディストリビューションSSD/Linux、およびコンパイル済の各種ネットワーク管理アプリケーションをかんたん導入・運用可能な「アプリケーションマネージャ」機能を搭載します。これらにより企業のシステム管理者は、特別なITナレッジやLinuxスキルなしでもスピーディにサービス導入ができ、開発工程に余計な手間をかけずにプロジェクトを立ち上げ可能です。

OpenBlockS 600Dのラインナップにより、企業のシステム管理者は、アプリケーションをかんたんに導入・運用できるOpenBlockS 600、あるいは、導入環境や要件に合わせ高い自由度でサーバー開発・運用が可能なOpenBlockS 600Dと、いずれかから目的に合ったモデルを選択することにより、更に無駄なく効率的なシステム運用を実現することができます。

OpenBlockS 600D 発売記念 モニターキャンペーン

本製品の発売を記念し、100台限定価格でのモニターキャンペーン販売を行います。
詳しくは本リリース末尾の製品情報URLをご覧下さい。

OBS600D(CFなし)通常参考価格 45,800円
→モニターキャンペーン価格 39,800円(税込)

※お一人様につき2台までのご購入とさせていただきます。
※注文数が100台に到達しだい販売終了となります。
  そのため、注文後に品切れのご連絡を差し上げる場合もございます。了承下さい。
※ご購入については本リリース末尾の営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい。

ITpro EXPO 2010 での展示について

2010年10月18日(月)〜10月20日(水)にビッグサイトで開催されるIT展示会「ITpro EXPO 2010」のぷらっとホームブースにて、OpenBlockS 600Dの展示が行われます。

ぷらっとホーム 展示ブース:
ブース番号13-19(ITpro EXPO 2010 クラウドフェスタ2010内)

仕様・価格と販売について

本製品は2010年10月18日に販売が開始され、2010年11月末に出荷開始予定です。

添付品(CF等)
製品名OpenBlockS 600D
型番と参考価格
(税込)
OBS600D/5(CFなし)45,800円
OBS600D/5/2G(2GB CF 添付)52,800円
OBS600D/5/4G(4GB CF 添付)56,800円
OBS600D/5/8G(8GB CF 添付)63,800円
OBS600D/5/16G(16GB CF 添付)83,800円
OBS600D/5D/4G(4GB CFに開発環境プリインストール)56,800円
保証期間本体弊社出荷日より1年間・センドバックによる機能回復修理(ユーザー登録により無償にて3年間に延長)
弊社出荷日より30日間
欠品の充当、または、初期不良交換のみ
CPUAMCC PowerPC 405EX (600MHz)
メインメモリ1GB DDR2 SDRAM
FLASH ROM128MB (ユーザーエリア 約64MB)
ストレージCF(添付なし / 2GB / 4GB / 8GB / 16GB 各モデルあり)
インタフェース1000Base-T×2、シリアル(5芯結線)×2
(コンソール用アダプタ、ケーブル各1個標準付属)、
USB 2.0×3(外部×2、内部×1)、JTAG×1
スイッチINITスイッチ
外形寸法W 81× D 133 × H 31.8 mm(ゴム足0.5mm)
本体材質アルミ合金製
重量約265g
電源ACアダプタ 5V(40 (W) × 94.2(D) × 30.5 (H) mm)
消費電力約13.8VA / 約8.0W
動作時許容周辺温度0-55℃(CFカード実装時、ACアダプタ含)
※1000BASE-Tで利用する場合は0〜50℃
湿度条件20-80%Rh *結露しないこと
OSDebian GNU/Linux

関連URL

■高解像度の製品写真
http://openblocks.plathome.co.jp/products/600d/press.html

■製品の仕様・その他詳細
http://openblocks.plathome.co.jp/products/600d/

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問い合わせ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 松本知巳
pr@plathome.co.jp
Tel 03-3251-6152 / Fax 03-3251-6173

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-3251-2600 / Fax 03-3251-2602

* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における、
  ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る