2011年6月6日 ぷらっとホーム株式会社

高信頼なDHCPやDNSなどを「らくちん」導入・
手間なし運用できるアプライアンス製品を発売

管理者の負荷を大幅軽減する「EasyBlocks」無駄のない冗長化、サービスの一元管理が可能

2011年6月6日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、DHCP・DNS・NTP・Syslog・Proxy・監視管理(=ネットワークコアサービス)を手間なく構築でき、しかも高い信頼性から存在を意識せずとも手放しで運用を続けられる「らくちん」アプライアンス「EasyBlocks」を販売開始しました。

主な特長

EasyBlocksは、独立したノードでの運用による信頼性とシンプルな構成を享受しながら、無駄のないActive-Active型の冗長化機能とすべてのノード・すべてのサービスを一元管理できる操作性、その他最小限の手間で運用できる各種機能を備え、高信頼なネットワークコアサービスを手間なく、手離れよく導入・運用できるアプライアンスです。
本製品によりネットワーク管理者は、迅速かつストレスフリーで必要なサービスを立ち上げることができるため、スピードとクオリティが求められる現代の企業や研究機関で、ビジネスの安定化や管理者の負荷軽減といった、きわめて優れた導入効果が得られます。

管理機能「EasyBlocksシステム」を搭載

EasyBlocksは、ネットワークコアサービスを安心かつ手間なく運用するため、複数台または一台のEasyBlocksノードグループを一括して管理できる機能(EasyBlocksシステム)上で動作します。
ユーザーは、とくに複数台のEasyBlocks(三台以上を推奨)で構成されたEasyBlocksノードグループでネットワークコアサービスを運用することにより、次のようなさまざまな機能の恩恵を受けることが可能です。

Active-Active冗長化機能

それぞれのEasyBlocksはひとつ以上のサービスを稼働させることができ、EasyBlocksを複数台で用いることにより、任意のサービスのダウン時に、他の端末がダウンタイムなくサービスを引き継ぎます(=フェールオーバー)。
このことにより、複数のノードが無駄なく常に稼働 (Active) を続けつつ、万一の場合にも高度な冗長性を発揮する「Active-Active型冗長化」が実現します。
冗長構成のために用いるノードは、初期導入以後もダイナミックかつシームレスに追加が可能です。必要となったときにネットワークに追加ノードを接続するだけで、自動的に設定内容が同期され、運用中のすべてのサービスをフェールオーバー可能な状態になります。
これまでの冗長化構成だと、フェールオーバー先として設定したノードは、稼働中のノードがダウンするまでは待機状態(Standby)でいなければなりませんでした。従来のこうした「Active-Standby型冗長化」に比べ、すべてのノードがフェールオーバー先となりながら同時にサービス提供も行うEasyBlocksのActive-Active型冗長化では、リソースやコストに無駄がない、きわめて高効率なサービス運用が実現します。

らくちん一元管理 EasyBlocks管理インターフェース

EasyBlocksは、稼働するすべてのノードを一つのWebインターフェースで管理できます(EasyBlocks管理インターフェース)。サービスや用途ごとに別の管理画面を開く必要はなく、視覚化されたすべてのノード・サービスを一目で確認、スムーズに設定が可能です。
EasyBlocks管理インターフェースにはヘルプ機能も内蔵されており、別途マニュアルを参照するようなことをせずに各設定項目の用途や利用法を確認できます。

手間なしアップデート

更新されたアプリケーションを自動で通知します。管理者はEasyBlocks管理インターフェースから手軽な操作で各ノードのアップデートを実行。複数のサービスの一括バージョン管理やアップデートも可能で、手間をかけません。

充実のサポートサービス

企業導入を前提とした、豊富なサポートメニューをご利用いただけます。運用サポートデスクのご利用から、より大規模なご導入にまつわるプリコンフィギュレーション出荷まで、充実したサポートサービスでさらに便利に製品を活用できます。

利用できるサービスを随時追加

EasyBlocksシステムで提供されるネットワーク管理サービスは、現在の6つのネットワークコアサービスのほか、今後も随時追加が行われてゆきます。

どこでも設置可能 堅牢、小型、低消費電力

優れた堅牢性・導入性・電力効率を同時に実現、設置場所の自由度が大きく高まります。
HDDやファンなどのスピンドルを排除、スリットレス設計など、高い耐塵性と耐熱性を実現。通常では考えられないような場所での運用、たとえば机の下や本棚でも、問題なく設置・運用が可能です。
大きさは手のひらに乗るコンパクトさ、通常のマウントラックなら1U空間に5台が設置可能。堅牢性と相まって、条件を問わずどこにでも設置できます。
消費電力は、通常の低消費電力IAサーバーの1/9※にすぎないわずか8W、電力負荷の低減のほか、プロジェクト立ち上げ時のシステム電力設計に大きなゆとりを与えます。
ハードウェアには、企業用途を主とした五万台超のシリーズ導入実績を誇る手のひらサーバー「OpenBlockS 600」を採用、運用に高い信頼性を与えます。

INTEROP Tokyo 2011 での展示について

2011年6月8日(水)〜10日(金)に幕張メッセにて開催されるIT展示会「INTEROP Tokyo 2011」ぷらっとホームブースにて、EasyBlocksが展示されます。ご来場の皆様には、実機の稼働デモがご覧になれるほか、開発者と直接のご相談もいただけます。

INTEROP Tokyo 2011ぷらっとホーム 展示ブース : ブース番号4P01

仕様・価格と販売について

本製品は2011年6月6日に販売が開始され、2011年6月末に出荷開始予定です。

製品名   EasyBlocks(イージーブロックス)

■型番と参考価格(税込)
・EasyBlocks 本体
型番
 
: EB600/S/x (xにDHCP / DNS / NTP / Proxy / Syslog / 監視管理 /
DHCP+DNSの何れかの設定名が入ります)
価格 : 各98,000円
・EasyBlocks 追加ノード
型番 : EB600/S/ADD
価格 : 98,000円
・パッケージ
  ・EasyBlocks本体2ノードとスタンド型ケースのパッケージ
型番 : EB600/D/FR/ST
価格 : 198,480円
  ・EasyBlocks本体3ノードとスタンド型ケースのパッケージ
型番 : EB600/T/FR/ST
価格 : 296,480円
  ・EasyBlocks本体2ノードと1Uラックマウント型ケースのパッケージ
型番 : EB600/D/FR/RM
価格 : 215,800円
  ・EasyBlocks本体3ノードと1Uラックマウント型ケースのパッケージ
型番 : EB600/T/FR/RM
価格 : 313,800円

■ソフトウェア仕様
DNS (プロトコルエンジン:ISC BIND 9.7.x)
主な特長
 
:
 
マスタ/スレーブ/フォワードゾーン・クエリーのアクセス制御
外部DNS/内部DNS
DHCP (プロトコルエンジン:ISC DHCP 4.1.x)
主な特長 : サーバ/リレーエージェント・複数サブネット
NTP (プロトコルエンジン:NTP 4.2.x)
主な特長 : 上位NTPの参照・RTC時刻の配信
Syslog (プロトコルエンジン:Syslog-ng 3.1.x)
主な特長 : 蓄積・ローテーション
Proxy (プロトコルエンジン:Squid 2.7.x)
主な特長 : 代理アクセス・上位Proxyの参照・URLフィルタリング
監視管理 (プロトコルエンジン:独自開発ソフトウェア)
主な特長 : ICMP Pingによる死活監視・指定ポートの死活監視

■ハードウェア仕様
CPU   AMCC PowerPC 405EX (600MHz)
メインメモリ   1GB DDR2 SDRAM
ストレージ   CF 2GB
インターフェース
 
 
  1000Base-T×2、シリアル(5芯結線)×2
(コンソール用アダプタ、ケーブル各1個標準付属)、
USB 2.0×3(外部×2、内部×1)、JTAG×1
最大接続台数(推奨)   16台
外形寸法   W 81× D 133 × H 31.8 mm(ゴム足0.5mm)
本体材質   アルミ合金製
重量   約265g
電源   ACアダプタ 5V(40 (W) × 94.2(D) × 30.5 (H) mm)
消費電力   約13.8VA / 約8.0W
動作時許容周辺温度   0-55℃(CFカード実装時、ACアダプタ含)
※1000BASE-Tで利用する場合は0-050℃
湿度条件   20-80%Rh *結露しないこと

■保証       
無償修理期間   3年(標準無償修理期間1年、ユーザー登録により無償にて3年間に延長)
※添付品(CF等)は弊社出荷日より30日間、欠品の充当、または初期不良交換のみ。別途有償サポートサービス加入により、CFも保証対象に含む事が可能です。

関連URL

■高解像度の製品写真
http://openblocks.plathome.co.jp/products/eb600/pict.html

■製品の仕様・その他詳細
http://openblocks.plathome.co.jp/products/eb600/

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの販売代理店として、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問い合わせ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 松本
pr@plathome.co.jp
Tel 03-3251-6152 / Fax 03-3251-6173

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-3251-2600 / Fax 03-3251-2602

情報公開期限

2011年6月6日 11:00 am

* 一般的な低消費電力1Uサーバーとして、消費電力76.34WのTRQX-1/34SA(QuadCore Xeon L3426(1.86GHz)、
 DDR3 ECC Registered 4GB(DIMM) 、500GB 7200rpm SATA-II HDD、ぷらっとホーム)との比較です。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、
 ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る