IoTで生産進捗を見える化し
工程管理の効率化を実現

工場の工程管理を支援|OpenBlocks IDMアプライアンス

統合IoTデータ管理装置OpenBlocks IDMアプライアンスは、工場内の様々な稼働状況をIoTデータとして収集・管理する機能を利用することで、生産品の所在地ならびに作業工数の見える化、外部サービスとの連携を可能にし、生産設備や資材、労働力の効率的な運用と工程管理を支援します。

OpenBlocks IDMアプライアンス導入のメリットと特長

生産品の所在地見える化

生産品の所在地見える化

生産物や付属する作業伝票などに小型の発信機(ビーコン)を取り付けることで所在地を可視化できます。

各工程の作業工数見える化

各工程の作業工数見える化

各工程にどのくらい時間がかかったかをデータ化・可視化し、各工程の改善などに役立てることができます。

既存システムとの連携

既存システムとの連携

OpenBlocks IDMアプライアンスが収集したデータは既存のERPや業務システムとの連携もでき、各作業工程の原価管理にも活用できます。

システム構成例

生産物にBLEビーコン、各工程にBLEビーコンの受信機(IoTゲートウェイ)を取付け、OpenBlocks IDMアプライアンスでデータを収集する事で特定の生産物が今どの場所のどの工程にあるのかを容易に可視化できます。また、既存のERPや業務システムなどとのデータ連携も出来ます。

システム構成例(工場の工程管理を支援)

ビジュアライザによる見える化

OpenBlocks IDMアプライアンスビジュアライザで各生産物の位置・工程を可視化する事ができます。過去の生産履歴なども閲覧可能で、各工程の作業時間の参照や分析も出来ます。

ビジュアライザによる見える化

お問い合わせ

工業計器・制御機器・環境計測/分析機器・ポンプ・バルブ・ 油空圧機器・産業機器などの工場機器から発生する様々な IoTデータを管理可能にする装置、OpenBlocks IDMアプライアンスに関するお問い合わせ、ご購入に関するご相談はこちらから。