太陽光パネル

太陽光発電システム監視のネットワーク無線化による落雷被害軽減対策

  • 監視機器を無線化することで、落雷時の誘導雷被害を最小化。
  • コストのかかる光ケーブルの代わりに、920MHz帯無線利用で低コスト・短納期で導入可能。
  • 日照センサーや温湿度センサーなど、他のセンサーと合わせて無線化が可能。

機器構成例

太陽光発電パネル監視

OpenBlocks IoT Family対応センサー・デバイスの活用例に関するご相談はこちらから。