2種類の金属のイオン化の差を利用し、電池を使わず水分を検出するセンサを実現できます。
濡れる面積や水溶液の電気伝導度によって発電量が変化するため、それらの測定も可能です。

水分発電

OpenBlocks IoT Family対応センサー・デバイスの活用例に関するご相談はこちらから。