Plat’Home IoT Gateway Software “FW3.2”

FW3.2

インテリジェントエッジを実現する Plat’Home IoT Gateway Software “FW3.2” は、視覚的に操作可能な Web UI からセンサー・デバイス接続、 各種クラウドサービス接続、Docker コンテナのデプロイや割り当てリソース設定、Microsoft Azure IoT Edge の導入・モニタリングが行えます。
また、IoT デバイスからデータ収集やクラウドとの双方向通信を実現する Plat’Home Gateway Data Handling Module System(PDHMS) と Azure IoT Edge 間のダイレクトなデータ通信も可能で、データ収集機能で収集したセンシングデータを Azure IoT Edge でデータ解析といった事もでき、 インテリジェントクラウドの時代に対応した、新世代の IoT エッジコンピューティングが実現できます。

対応製品

OpenBlocks IoT Family のアーキテクチャ
ー キャリアグレードで堅牢かつフレキシブル ー

OpenBlocks IoT Family は高性能なハードウェアスペックに加え、ぷらっとホームが過去 20 年以上にわたり供給し 日本の通信・社会インフラをささえてきた「キャリアグレード」の Linux サーバの設計思想でつくられています。 心臓部となる IoT ゲートウェイソフトウェア “FW3.1” は OS として堅牢で信頼性の高い Debian Linux を内蔵しており、 高性能 Linux サーバとして信頼性の高い長期の運用を可能とします。またシステムは POSIX(※)に準拠したUNIX Domain Socket を含む 各種のスタンダードで移植性の高いアーキテクチャになっており、今後急速に進化する IoT の本番システムを長期的に支える 多様なコンピューティングを安心して構築することができます。

※ POSIX(ポシックス、ポジックス、英: Portable operating system interface)は、 各種 UNIX を始めとする異なる OS 実装に共通の API を定め、 移植性の高いアプリケーションソフトウェアの開発を容易にすることを目的として IEEE が策定したアプリケーションインタフェース規格です。

FW3.2 Architecture

Firmware 3.2 Architecture スタック

IoTエッジコンピューティング機能

「Plat’Home Data Handling Module System」

IoT Gateway内部のアプリケーションモジュールのプロセス間通信を柔軟かつ高速で実現できるよう設計されたシステムアーキテクチャです。 エッジ側に様々な機能のアプリケーションモジュールの実装を可能とし、柔軟なエッジコンピューティングを実現します。

PD Handler BLE/UART
BLEやUART(シリアル通信等)を使ったセンサー等のIoTデバイスからデータ取得等を行うアプリケーション群です。様々な種類のIoTデバイスに標準対応しているほか、お客様自身でLua言語(※)によるIoTデバイス制御アプリケーションの機能拡張に対応しています。
※ Lua言語:高速な動作かつ組み込みの容易さが特徴のスクリプト言語
PD Handler Modbus Client/Server
PLC(Programmable Logic Controller)等のModbusプロトコルを使った機器を制御するアプリケーションです。

PD Handler 設定 Web UI 画面

PD Repeater
双方向通信に対応したクラウドサーバーや Web サーバーとの通信アプリケーションです。
主な対応サービス
Azure IoT Hub(双方向通信対応)/Azure Event Hubs/AWS IoT(双方向通信対応)/Amazon Kinesis/Google IoT Core(双方向通信対応) /Watson IoT for Gateway(双方向通信対応)/Watson IoT for Device(双方向通信対応)/Toami for DOCOMO/KDDI IoT クラウド Standard /PD Exchange(双方向通信対応)/汎用Web サーバー / 汎用MQTT サーバー(双方向通信対応)

PD Repeater 設定 Web UI 画面

PD Agent
PD Repeater を介してクラウドからの制御メッセージを受け、予め設定されたシェルスクリプト等を実行するアプリケーションです。
PD Broker
上記アプリケーションモジュール間のプロセス間通信を複数のモジュールに分配するためのアプリケーションです。

Web UI

Web ブラウザ画面上で IoT 通信機能の操作・設定をはじめ、センサーやビーコンの検索・ペアリング作業、 各社クラウドサービスとの接続設定などを行える Web ベースの Web UI を搭載しています。 IoT の本番展開の際にコマンドライン操作の知識不要で、エンジニアリングの軽減が可能です。

Docker マネジメント機能

アプリケーション実行環境である Docker をサポートします。OpenBlocks IoT VX2 上で Docker コンテナを利用でき、Docker コンテナのマネジメントもWeb UI で行えます。 またDocker イメージ共有サービス「Docker Hub」で公開されている Docker イメージをデプロイする機能や、自身で構築した Docker イメージのプライベートレジストリからデプロイする機能を搭載し、 様々な Docker イメージを利用できます。また Docker コンテナのデプロイや起動・停止・リソース割当などの操作も Web UI 上から操作可能です。

主な機能
Docker イメージのデプロイ/削除
Docker Hub からの Docker イメージダウンロード
プライベートレジストリからの Docker イメージダウンロード
Docker コンテナの起動/停止
割当リソースの設定
リソース利用状況の表示
Web UI

Docker マネジメントの Web UI 画面

Azure IoT Edge マネジメント機能

Microsoft が提供する IoT エッジコンピューティング支援ソフトウェア Azure IoT Edge を利用でき、Azure IoT Edge のマネジメントを Web UI 上で行えます。 データ処理を OpenBlocks IoT 上で実行する事ができ、PDHMS と Azure IoT Edge 間のデータ連携も可能です。 例えば PD Handler で収集したセンシングデータを Azure IoT Edge でデータ解析といった事もでき、Azure IoT Edge を利用した IoT エッジコンピューティングを強力に支援します。

※コンテナエンジンはMobyプロジェクトをベースとしています。

主な機能
Azure IoT Edge のデプロイ/削除
Azure IoT Edge の起動/停止

Azure IoT Edge マネジメントの Web UI 画面

Node-RED

Node-RED はハードウェアデバイス/API およびオンラインサービスを接続するためのツールです。 センサー等から受け取ったデータを加工・処理し、どのクラウドサービスへデータを送るか、どのようなアクションをするか等を Web UI 上から 視覚的にプログラミングする事が可能で、IoT におけるエッジコンピューティングを容易に実現する事が出来ます。

Node-RED 操作画面

IoT システムの本番システム構築と運用を支援する付加機能

IoT システムの構築支援や IoT ゲートウェイ機器の安定稼働を支える各種機能を完備しています。

  • モバイル回線や無線 LAN の簡単接続設定機能
  • WLAN AP モード/クライアントモード両対応
  • ハードウェアウォッチドッグ機能
  • Samba 機能
  • SMS を使った遠隔操作機能
  • BT 機器とのペアリング機能
  • BT SPP シリアル通信リダイレクト機能
  • BLE ビーコンやセンサーデータの収集機能
  • 設置場所登録機能
  • Dynamic DNS サービスへの IP 登録機能

対応センサー・デバイス

OpenBlocks IoT FamilyとIoTセンサー・デバイスを組み合わせることで、温度・湿度・人感・加速度・照度・ビーコンなど、様々なデータを収集する事ができます。

購入前のお問い合わせ

ご購入を検討されている製品の仕様やお見積もり、ご購入に関するご相談、その他様々なお問い合わせを受け付けています。

すぐに購入する

弊社が運営している業務用IT機器専門の調達支援サイト「ぷらっとオンライン」から直接お買い求めいただけます。