エッジコンピューティングをサポートする高速処理性能

OpenBlocks IoT VX2 の心臓部にはインテルアーキテクチャ 64bitのATOM Processor E3805 (1.33GHz,Dual Core) を搭載し、 ネイティブなレベルで OS を含むソフトウェアを安定稼働させます。また内蔵ストレージを 32GB、RAM 2GB と大容量なものに強化し、 エッジ側で OS やミドルウェアのみならず、ユーザー実装する固有の処理プログラムなども高速動作が可能であり、 IoT で今後利用が見込まれる機械学習や分散処理を含む幅広いエッジコンピューティングを実現します。

CPU

1.33

GHz Dual-Core

ARCHITECTURE

64

bit

MEMORY

2

GB

STORAGE

32

GB

小型・ファンレス・堅牢な筐体設計

OpenBlocks シリーズの基本コンセプトである超小型・超軽量サイズを踏襲し、筐体重量わずか約 160g で壁面や天井等の空間への容易な設置を可能とし、さらに耐環境性能を大幅に向上させ、様々な場所・用途での設置・運用が可能です。

DIN レールへの取付に対応

ファンレス半密閉構造

IP40

防塵性能

耐環境性能(※)

−20~+60

超小型

91.9×114.8×25

W×D×H(mm)

超軽量

160

g

※ 周囲温度が 40℃ を超える環境に本製品を設置する場合は、 添付の放熱・設置ブラケット(工場用 DIN レールへの取付に対応)を取り付けてご使用ください。

多様なデバイス、WAN・LAN 接続を実現するインターフェース

IoT デバイス(モノやセンサー)との有線・無線による多様な接続を実現する拡張性の高い各種インターフェースや、 クラウドとの通信を実現する各種インターフェースを搭載しています。 また OpenBlocks IoT VX2 では、新たに Ethernet ポートを 2 ポートに増設することで、その拡張性をより高めています。

OpenBlocks IoT VX2

主なインターフェース

  • EnOcean(※)
  • Wi-SUN(※)
  • 地域 BWA(※)
  • USB3.0
  • UART RS-485
  • LoRaWAN(※)
  • Gigabit Ethernet
  • WLAN 802.11 a/b/g/n/ac
  • BT4.0
  • LTE/3G(※)

※ 別途内蔵オプションが必要です。

デバイス・WAN コネクティビティを実現する内蔵オプション

ワイヤレス WAN 接続を実現する通信モジュールや IoT デバイスとのワイヤレス接続を実現するモジュールなど、 IoT システムに応じた内蔵オプションを追加可能です。 さらに OpenBlocks IoT VX2 では、農業施設や工場運送など様々な場所でも IoT システムの構築が可能な、 低消費電力・遠距離通信を実現する次世代通信規格「LoRaWAN」対応通信モジュールをオプションとして追加することができます。

OpenBlocks IoT VX2 内部構造

通信モジュールオプション

  • LTEモジュール(NTTドコモ)
  • LTEモジュール(KDDI)
  • LTE/3Gモジュール(NTTドコモ)
  • LTE/3Gモジュール(ソフトバンク)
  • 地域 BWA
  • LoRaWAN モジュール

デバイス通信モジュールオプション

  • EnOcean モジュール
  • Wi-SUN モジュール

購入前のお問い合わせ

ご購入を検討されている製品の仕様やお見積もり、ご購入に関するご相談、その他様々なお問い合わせを受け付けています。

すぐに購入する

弊社が運営している業務用IT機器専門の調達支援サイト「ぷらっとオンライン」から直接お買い求めいただけます。