ぷらっとホーム取扱製品Open BlockSシリーズOpen BlockSS:製品の特徴
OpenBlockSS
※この製品は販売終了いたしました。
最新モデルOpenBlocks Aファミリをご検討ください。

製品の特徴基本仕様管理画面使用例販売価格オプションFAQ

製品の特徴

PowerPC 405GP 200MHz搭載
OpenBlockSS(オープンブロックスエス)は、IBM社製RISC CPU PowerPC 405GP 200MHzを搭載し処理能力を向上、 より広範囲でのアプリケーションを稼働させる事が可能です。 またフラッシュロムメモリは8MB、 メモリは64MBを搭載、余裕を持ってアプリケーションを稼働させる事が可能となりました。

LinuxOS Kernel 2.4
OpenBlockSS(オープンブロックスエス)はLinuxOS カーネル 2.4を搭載しています。 開発用ソース、クロスコンパイラ環境はフリーで提供致しますので、ユーザ様が独自にソフトウェアを開発する事が容易に可能です。

新拡張機能 PCMCIAスロット拡張ボード、USBポート拡張ボード
更に新しい拡張機能として、本体底部の拡張スロットにPCMCIAスロット拡張ボード及び、 USBポート拡張ボード(共に別売※2)を追加する事が可能です。 外部デバイスとの接続性を高め、より使いやすいマイクロサーバとして皆様にご提供致します。

技術情報(オープンラボラトリー)
OpenBlockSSの技術情報(オープンラボラトリー)
こちらから。
100BASE-TXイーサーネットを2ポート標準装備
100BASE-TXイーサーネットを2ポート標準装備 また100BASE-TXイーサーネットを2ポート標準装備していますので、今後のインターネット・ブロードバンドの高負荷化へも充分に対応可能なネットワークスペックです。
CFカード、2.5インチハードディスク別売)を内蔵可能
OpenBlockSS(オープンブロックスエス)は、従来機種同様、コンパクトフラッシュを追加(別売)する事により、WEBサーバ、メールサーバとしての利用が可能です。
また2.5"インチハードディスク(別売)を内蔵する事も可能です。 ※1

技術情報(オープンラボラトリー)
・15分でVPNサーバが運用開始できる
OpenBlockSS専用ソフト「OpenBlockSS with PPTP」
OpenBlockSS with PPTP -VPNリモートアクセスサーバ-




※1 2.5インチハードディスクを装着の場合、本体標準内蔵のコンパクトフラッシュスロットは
・・・取り外す形となります。同時装着はできません。
※2 PCMCIAスロット拡張ボード及び、USBポート拡張ボードはいずれか1つのみの装着が
・・・可能となります。同時装着はできません。
BacktopNext
ページの先頭へ戻る