IoTゲートウェイソフトウェア FW4

IoTセンサーやデバイスとプログラミングレス接続
システム導入後の更なる拡張も容易

  • 主要通信規格ほぼ全てに対応し、IoTデバイスとプログラミングレス接続
  • 主要クラウドサービスにもほぼ全対応。Node-RED、Dockerなどの開発ツールも標準装備。

搭載製品

OpenBlocks IoTシリーズ全製品 (一部機能を除く)、及びマイクロサーバー OpenBlocks IX9

IoTゲートウェイソフトウェア FW4とは

IoTゲートウェイソフトウェア FW4 概要図 (クリックで拡大)

IoTシステムでは様々なセンサーやデバイスなどの各種機器や、クラウドサービスとの接続が必要となりますが、それぞれに採用している通信規格やプロトコルが異なり、プログラミングしなければなりません。しかも全てコマンドラインと呼ばれるコードで記載しなければなりませんでした。

Plat’Home IoTゲートウェイソフトウェア FW4は、主要なほぼ全ての通信規格やプロトコルを採用した主要センサーに対応し、コマンドラインではなくWebブラウザでの設定による視覚的操作で、プログラミングレス接続を実現したソフトウェアです。

>>>対応センサー一覧

FW4 ソフトウェア構成

PDHMS(※)システムアーキテクチャを採用。各機能ごとにアプリケーションがモジュール化されており、柔軟で高速なシステム構築が可能になるよう設計されています。
※Plat’Home Data Handling Module System

オペレーティングシステム (OS)

堅牢で信頼性の高いDebian GNU/Linuxを採用

操作用ユーザーインターフェイス

Web UIを採用。Linuxベースでありながらコマンドライン不要で、全ての操作をWebブラウザ上で行えます。

POSIX(※)に準拠した移植性の高いアーキテクチャ
(クリックで拡大)

データ送受信用アプリケーション

PD Handler

BLE、EnOcean、Modbusなど、IoTデバイスの主要通信プロトコルに対応し、プログラミングレス接続を可能にするアプリケーションです。

>>>PD Handlerの詳細

PD Repeater

AWS、Azure等、主要クラウドとWebブラウザ上の設定だけで、プログラミングレス接続を可能にするアプリケーションです。

>>>PD Repeaterの詳細

PD Agent

PD Repeaterを介してクラウドからの制御メッセージを受け、あらかじめ設定されたスクリプト等を実行するアプリケーション。

>>>PD Agent の詳細

PD Broker

各モジュール間の通信を分岐・分配するアプリケーションです。ユーザーが意図する自由なデータ経路が設定できます。

>>>PD Brokerの詳細

各種開発ツール

Node-RED

IoTデバイスと各種API、オンラインサービスとの接続プログラムを視覚的に作成できるビジュアルプログラミングツールです。

>>>Node-REDの詳細

Docker

コンテナ仮想化ツールとして代表的なアプリケーションDockerを標準装備。Dockerコンテナおnデプロイや起動・停止・リソース割当などの操作もWebブラウザから行えます。

>>>Dockerの詳細

管理ツール

AirManage®2

リモートマネージメントサービス AirManage2対応モジュールを搭載。上記全てのアプリケーションの操作をセキュアに遠隔から行えます。

>>>AirManage®2の詳細

Azure IoT Edgeマネジメント

Microsoftが提供するAzure IoT Edgeを利用でき、その管理をWebブラウザ上で行えます。PD Handler等の他のアプリケーションと連携することも可能です。

>>> Azure IoT Edge マネジメントの詳細

IoTゲートウェイソフトウェア FW4 関連情報

IoTゲートウェイソフトウェア FW4概要
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
対応クラウド一覧
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
対応センサーリスト
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
ドキュメント
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
チュートリアル動画
以前のバージョン

ご購入前のお問い合わせ

ご購入を検討されている製品の仕様、活用に関するご相談やお見積りのご依頼など、各種お問い合わせを受け付けています。