OpenBlocks IoT Famly(VX1は除く)には長期運用をサポートするため、サブスクリプションとハードウェア保守が 1 年間付属します。

対象製品

サブスクリプション

通知サービス(※1)

新たな IoT ゲートウェイソフトウェアが公開された際、登録されたメールアドレスに通知するサービスです(※2)。

Q&Aサービス(※1)

製品導入時のセットアップ方法/ビーコンやセンサーなどの IoT デバイスの登録方法に関するお問い合わせに対応します。また、その他不具合に対する対応を提供します(※3)。
(例:Debian パッケージの不具合対策版有無の問い合わせ対応)

先出しセンドバックサービス

ハードウェア故障時、交換品を先出しにて発送致します(※4)。

IoT リモートマネジメントサービス「AirManage 2」

複数台の OpenBlocks IoT を統合管理する SaaS 方式で提供されるサービスです。OpenBlocks IoT の管理者が遠隔地からセキュアに設定・監視・メンテナンスを実施する事ができ、IoT システムの設置・運用コスト削減を実現します。

主な機能
遠隔監視機能
複数の拠点に設置された OpenBlocks IoT Family 各製品が正常に動作しているかを一括監視できます(常時型とオンデマンド型の 2 種類より選択)。
リモート WEB UI アクセス
管理下にある個々の製品の WEB UI 画面へリモートでアクセスする事ができ、個別に設定変更や確認を行う事ができます。
リモートアップデート機能
製品に導入したファームウェアや各種ソフトウェアのバージョン情報を監視し、常に最新のファームウェアに自動でアップデートする事ができます。
その他の機能
グループ管理機能
OpenBlocks IoT Family の各製品をグループ分けすることができ、グループ毎接続形態の設定やアップデートを実行します。
サポートログ取得機能
OpenBlocks IoT Family 障害発生時の解析に必要なログをリモートで取得可能です。
時間指定アップデート機能
グループ毎、ノード毎に指定した時間にアップデートを開始させる事ができます。
Web API
管理下にある OpenBlocks IoT Family のステータスの概要などを API で取得可能で、お客様の運用形態に合わせた IoT システム構築ができます。
使用権限
テナント管理者権限
ノード管理権限:OpenBlocks IoT Family(ノード)を AirManage 2管理下から削除
  • ※1 当社 IoT ゲートウェイソフトウェアを標準仕様のまま使用されている際に提供可能なサービスです。お客様によるソフトウェアの追加など、カスタマイズし使用されている場合、サービスの提供をお断りする場合があります。
  • ※2 IoT ゲートウェイソフトウェア(カーネルを含む)は重大な脆弱性が発見された場合に提供されます。
  • ※3 当社標準サポート機器のみが対象です(最新情報は当社ホームページにて公開)。
  • ※4 ハードウェア保守へ加入しており、当社製品保守担当者の指示のもとお客様にて切り分け作業を行っていただいた結果、当社が故障と判断した場合に限ります。

制約事項

Q&A サービス等のお問い合わせは、ご契約時に登録された 2 名のご担当者様からのみお受けいたします。

ハードウェア保守

センドバック保証(※)

1年間のハードウェアセンドバック保証を提供します。さらに有償で延長可能です。

※ 内蔵ストレージ(eMMC)が書換え上限に達し生じた不具合については保証は適用されません。別途費用が発生します。

※ 延長可能年数は機種により異なります。詳細はお問い合わせ下さい。