OpenBlocks IDM Appliance

OpenBlocks IDM アプライアンスとは

OpenBlocks IDM アプライアンスは、 工業計器・制御機器・環境計測/分析機器・ポンプ・バルブ・ 油空圧機器・産業機器などの工場機器から発生する様々な IoTデータを管理可能にする装置(IoT Data Management:IDM)です。

工場内の様々なCSVファイルを取込

・工場内にある生産設備や測定器、センサ装置などが出力するCSVファイルを取り込む事が出来ます。

・主要なCSVファイル形式に標準対応しているので直ぐに始められます。

・上手く活用されていなかったCSVファイルを取込む事で、データの有効活用ができます。

IoTゲートウェイで様々なデータを収集する

プログラミングレスで様々なIoTセンサー・デバイスからデータ収集する事が可能なIoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT Family」を使用する事により、温度・湿度・照度・開閉・人感・ビーコン・加速度など、工場内の環境・設備のセンシングを実現します。

PLC接続機器データを収集する

PLCに生産設備など機器から、稼働状況などのデータ収集ができます。

工場内データの一元管理

・生産設備・測定器などから取り込んだCSVファイルや、IoTセンサー・デバイスから取り込んだデータはすべて、IDM アプライアンスに搭載された、時系列データ基盤にて一元的に統合管理されます。

・ファイルサーバ上でCSVファイルを管理する手間から解放され、本質的な目的である中身の時系列データへのダイレクトアクセスを実現します。

・CSVファイル自体のバックアップ機能を搭載しています。この機能を活用すれば、いつでも元データを取り出せます。

収集したデータを可視化する

・蓄積されたデータを基に、工場内レイアウト図面上へ環境データのプロット、設備の稼働状況、生産量のグラフ化などを視覚的に行うためのビューアを搭載しております。

・ビューア内のレイアウト変更なども自由に行えるため、例えばセンサーや設備の移動があった場合も、ビューア上の位置変更も容易に行う事が出来ます。

・時間間隔の異なる複数のCSVファイルを統合し、複数の要素を同一グラフ上で可視化する事で複数の要因原因分析などを行う事が可能です。

外部サービスと連携する

時系列データ基盤に蓄積されたデータとオンラインサービスを接続するためのツール「Node-RED」を搭載しており、データを加工・処理、Twitterや各種クラウドサービスへのデータ送信を可能にし、様々な外部サービスとの連携が可能です。

Microsoft Azure Certified for IoT認定取得済

収集したデータを保存する

工場内の複数の端末から取得したCSVデータやセンシングデータを統合的に管理可能です。

さらに、データのバックアップ/リストア機能も搭載しています。

※バックアップ先のNASが別途必要です。

オンプレミスでスタート可能

インターネット接続のない閉域環境でもIoTを実現できます。また、将来クラウドやインターネット接続をする際にもそのまま拡張して利用可能です。

デモサイトにて収集したデータの可視化ツールのダッシュボードの閲覧が出来ます。どなたでもご利用頂けますので是非お試しください。

 

デモサイトURL https://idmdemo.plathome.co.jp/
ユーザー名 idmdemo
パスワード idmdemo
ソフトウェア仕様
IoTデータマネジメント 外部データ連携 プログラミング
可視化ダッシュボード
RealBoard3
CSVデータ
Windowsファイル共有
(Samba)
IDM側プログラミング
Node-RED他

データハンドリング
PD Exchange
外部クラウド等連携
Node-RED
データベース
時系列データ基盤

 

ハードウェア仕様
ネットワークインターフェース 10/100/1000Base-T×6
 ポート USB2.0 ×2
RS-232C ×1
筐体サイズ 寸法(mm):194(W)×44(H)×283mm(D)(ゴム足含まず)
重量 約1.9kg
電源(内蔵) 入力100~240V / 出力DC 12V