IoTゲートウェイソフトウェア FW4

搭載アプリケーション詳細

  • OpenBlocks IoT VX2およびEX1、OpenBlocks IX9 – 全機能搭載
  • OpenBlocks IoT BX0、BX1、BX3、BX5 –  一部機能を除き搭載

Plat’Home Data Handling Module System(PDHMS)

FW4は、堅牢で信頼性の高いDebian LinuxをOSに採用し、PDHMSと呼ばれるモジュールシステムにより、各アプリケーション群と各種開発ツールで構成されています。全ての操作はWebブラウザ上で可能で、プログラミングレスでの各種センサーやクラウドとの接続を可能にします。

また、これらのシステムは、POSIX(※)に準拠したUnix Domain Socketを含む各種のスタンダードで移植性の高いアーキテクチャになっており、Io長期かつ多様なシステムが構築可能な設計となっています。

※ POSIX(Portable operating system interface)、UNIXを始めとする各種異なるOSに共通のAPIを定め、移植性の高いアプリケーションソフトウェアの開発を容易にすることを目的としてIEEEが策定したアプリケーションインタフェース規格

Web UI

Webブラウザ画面上でIoT通信機能の操作・設定をはじめ、センサーやビーコンの検索・ペアリング作業、各社クラウドサービスとの接続設定など全てを行えます。コマンドライン操作の知識不要で、エンジニアリングの軽減が可能です。

データ送受信用モジュール

PD Handler

IoTデバイスからデータ取得を行うアプリケーション。各通信規格ごとにアプリケーションが分かれています。

BLE用アプリケーション

低コストで消費電力の少ないBLE (Bluetooth Low Energy)を使ったセンサーなどのIoTデバイスからデータ取得を行うアプリケーションです。Webブラウザ上からBLEデバイスを検出し登録することで接続が可能となります。
Lua言語(※)を用いて、任意のIoTデバイスへの接続アプリケーションを作成も可能です。

Lua言語: 高速な動作かつ組み込みが容易なスクリプト言語

>>>対応デバイスリスト

BLEデバイス登録画面 (クリックで拡大)

UART (EnOcean/Wi-SUN)用アプリケーション

シリアル通信を利用し、IoTデバイスからデータ取得を行うアプリケーションです。バッテリーレス無線技術のEnOceanデバイスや、スマートメーターなどで使用されるWi-SUN通信規格対応デバイスとの接続が可能。幅広いセンサーに対応しています。
Lua言語(※)を用いて独自アプリケーションを作成し、標準対応をしていないIoTデバイスとの接続も可能です。

>>>対応デバイスリスト

EnOceanデバイス登録画面 (クリックで拡大)

HVSMC(※)用アプリケーション

高圧スマートメーターから各種情報を収集するアプリケーションです。
OpenBlocks IoT VX2、及びEX1は国内の高圧スマート電力量メーターに対応する為、ECHONET LITE (TM)およびECHONET Lite AIF (TM)認証を取得しています。

HVSMC: High Voltage Smart electric energy Meter Controller
※本機能はVX2およびEX1のみ対応

fw4-HVSMC設定画面
PD Handler HVSMC設定画面 (クリックで拡大)

Modbus用アプリケーション

PLCなどのModbus RTU及びModbus/TCPを使った機器を制御するアプリケーションです。個々のデバイスに対してレジスタアドレス、レジスタのタイプを設定するデバイス登録方法と、モデリングファイルを使って登録する方法の2種類があります。いずれもサーバー・クライアントモードそれぞれが用意されています。

>>>対応デバイスリスト

Modbus Client/Server

個々の機器に対してレジスタアドレス・レジスタタイプをそれぞれ設定して登録します。

Modbusサーバーデバイス登録画面
(クリックで拡大)
Modbusクライアントデバイス登録画面
(クリックで拡大)
モデリングファイルでの登録 (Modbus2 Client/Server)

Modbus用アプリケーションには、PLCなどのModbusプロトコルは、ベンダー間によって異なる部分があり、機器ごとに接続プログラムを作成せねばなりませんが、本アプリケーションでは、メーカー、プロダクト、SKUなど、各情報を定義するモデリングファイルを登録することにより接続が可能です。一度ファイルをすれば再利用可能で、プルダウンで機器を選択するだけでその後は接続可能になります。

Modbus2 モデリングファイル登録イメージ
(クリックで拡大)

PD Repeater

クラウドサーバーやWebサーバーとの双方向通信アプリケーションです。収集したデータをプログラミングレスで各種クラウドサービス へデータ送信できるほか、クラウド側からのデータ受信、通信切断時のデータ再送信などの機能を備えています。

対応サービス (一部)

  • AWS IoT Core
  • Amazon Kinesis
  • Azure IoT Hub
  • Azure Event Hubs
  • Toami for DOCOMO
  • Watson IoT for Gateway
  • Watson IoT for Device
  • KDDI IoTクラウド Standard

など

>>>対応クラウド・プロトコル一覧

PD Repeater設定画面 (クリックで拡大)

PD Agent

PD Repeaterを経由でクラウドからの制御メッセージを受け、予め設定されたシェルスクリプト等を実行するアプリケーションです。

PD Broker

上記アプリケーションモジュール間のプロセス間通信を複数のモジュールに分岐・分配するためのアプリケーションです。

各種ツール

Node-RED

Node-REDはハードウェアデバイス/APIおよびオンラインサービスを接続するためのビジュアルプログラミングツールです。IoTデバイスから受け取ったデータを加工・処理し、どのクラウドサービスへデータを送るか、どのようなアクションをするか等をWeb ブラウザ上から視覚的かつ容易にプログラミングする事が可能です。
またソフトウェアベンダーやクラウドサービスベンダーから提供されるNode-RED用の追加機能(ノード)も追加可能です。

Node-RED 操作画面
Node-RED (クリックで拡大)

Docker (※)

コンテナ仮想化ツールDockerを標準装備。
「Docker Hub」で公開されているDockerイメージをデプロイする機能や、自身で構築したDockerイメージのプライベートレジストリからデプロイする機能を搭載し、様々なDockerイメージを利用できます。またDockerコンテナのデプロイや起動・停止・リソース割当などの操作もWebブラウザ上から操作可能です。

主要機能

  • Dockerコンテナの起動・停止
  • 割当リソースの設定
  • リソース利用状況の表示
  • Dockerイメージのデプロイ・削除
  • Docker HubからのDockerイメージダウンロード
  • プライベートレジストリからのDockerイメージダウンロード

※本機能はOpenBlocks IoT VX2のみ対応

Dockerマネジメントリソース利用状況画面
(クリックで拡大)

Azure IoT Edgeマネジメント (※)

Microsoftが提供するIoTエッジコンピューティング支援ソフトウェアAzure IoT Edgeを利用でき、Azure IoT EdgeのマネジメントをWeb ブラウザ上で行えます。データ処理をIoTゲートウェイ上で実行することができ、FW4の各モジュールとAzure IoT Edge間のデータ連携も可能です。例えばPD Handlerで収集したセンシングデータをAzure IoT Edgeでデータ解析といったことも可能です。

主要機能

  • Azure IoT Edgeのセットアップ
  • Azure IoT Edgeの起動/停止
  • Azure IoT Edgeのステータス状況確認

※Azure IoT Edge機能はOpenBlock IoT VX2のみ対応
※Azure IoT EdgeはDocker互換コンテナ形式で実装されます。
※コンテナエンジンはMobyをベースとしています。

Azure IoT EdgeマネジメントのWeb UI画面
Azure IoT Edgeマネジメント画面 (クリックで拡大)

Webカメラ連動機能

OpenBlocks IoTシリーズにカメラを接続し、Web UI上からカメラのストリーミング再生ができるほか、動体検知機能により検知後にイベント処理ができます。

Webカメラ連動機能 動体検知時 画面 – (クリックで拡大)

拡張サービス

AirManage2

リモートマネージメントサービス AirManage2に対応。上記全てのアプリケーションの操作をセキュアに遠隔から行えます。

>>>AirManage®2専用ページ

AirManage2 デバイスリモートマネジメントサービス

DEXPF™対応

各プラットフォームやサービス間をまたがってデバイスやクラウドを利用することが可能な、クロスドメインのIoTデータ流通基盤「DEXPF™」に対応。
DEXPF™は、IoTにおける各サービスやプラットフォーム間のプロトコルや手順の違いを吸収し、異なるクラウド間でもデバイスのデータ連携・利活用を自由に行えます。
FW4ご利用のお客様にはトライアルサービスが付属しています。

>>>DEXPF™専用ページ

DEXPF IoTのトラストなデータ流通を実現

その他機能

  • 動体検知機能付きWebカメラ連動機能
  • CSVデータ送信機能
  • FTPサーバー機能
  • モバイル回線や無線LANの簡単接続設定機能
  • WLAN APモード/クライアントモード両対応・802.1X認証対応
  • ハードウェアウォッチドッグ機能
  • SMSを使った遠隔操作機能
  • 設置場所登録機能
  • BLEビーコンやセンサーデータの収集機能
  • Dynamic DNSサービスへのIP登録機能
  • HTTP Proxy接続対応

関連情報

Plat’Home
IoTゲートウェイソフトウェア FW4 概要
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
対応クラウド一覧
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
対応センサー・デバイスリスト
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
ドキュメント
IoTゲートウェイソフトウェア FW4
チュートリアル動画
以前のバージョン

ご購入前のお問い合わせ

ご購入を検討されている製品の仕様、活用に関するご相談やお見積りのご依頼など、各種お問い合わせを受け付けています。